特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

リコール運動事務局長が組織的関与否定 高須氏「しっかり調査を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見し、組織的関与を否定する田中孝博事務局長=愛知県庁で2021年2月16日午後5時42分、太田敦子撮影
記者会見し、組織的関与を否定する田中孝博事務局長=愛知県庁で2021年2月16日午後5時42分、太田敦子撮影

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名問題で、署名活動を行った「愛知100万人リコールの会」は16日、田中孝博事務局長が愛知県庁で記者会見を開き、「事務局としてアルバイトを雇ったり、人材派遣会社と契約したりした事実は一切ない」と組織的関与を否定した。

 広告関連会社には、県内全戸へのはがき配布を無償で引き受けてもらったという。田中事務局長は今回の件で社長に事実関係の確認を求めたが回答がなかったとして、同社に対し法的手段に訴える可能性も示唆した。一方、形式が整っておらず提出しなかった署名簿があり、九州で作られたとみられると話す運動関係者がいたことを明らかにした。

 田中事務局長によると、高須院長からは「とにかくしっかり調査しろ」と指示があったという。高須院長は16日、自身のツイッターで「僕たちとは全く異なる組織の仕事のようだ。非常に不愉快である。実行犯を見たい」などと投稿した。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文745文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集