特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『朝鮮戦争を戦った日本人』『0番目の患者 逆説の医学史』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『朝鮮戦争を戦った日本人』藤原和樹・著(NHK出版/税別1900円)

 1つの国が南北で分断され、米中の介入により過激化した「朝鮮戦争」(1950~53年)。日本は物資供給などで輸出が伸び、「特需」が起きた。対岸の火事による漁夫の利だと思われていた。

 藤原和樹『朝鮮戦争を戦った日本人』は、朝鮮半島で「戦争放棄」したはずの日本人兵士がいたことを明らかにする。それは朝鮮半島で「米軍とともに行動した日本人」70名への尋問記録により開封された。驚愕(きょうがく)の事実である。

「出身はどこか」「なぜ朝鮮に行ったのか」「銃は支給されたか」などの詳細な質問に答える彼らから、敗戦後の日本が浮き彫りにされる。深刻な食糧難で飢え、密航という形で半島へ渡った男。「日本にいるよりよかった」と発言。悲惨な戦闘についても語ったが、国家機密として封印されたのだ。

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1820文字)

あわせて読みたい

注目の特集