特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

熱血!与良政談

「モリ・カケ」に似てきた=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=西夏生撮影
菅義偉首相=西夏生撮影

 放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らが、総務省の幹部を接待したとされる問題の構図が少し見えてきた。

 2018年に同省がCS放送業務を認定した12社16番組のうち、東北新社の子会社による番組「囲碁・将棋チャンネル」だけが、ハイビジョン形式でないのに認められたというのである。

 先週の衆院予算委員会で追及した立憲民主党の後藤祐一氏によれば、そもそもこの年のCS認定は高画質のハイビジョン化を進めるためだった。ところが東北新社の子会社の番組は認められ、ハイビジョン対応でも認定されなかった番組もあるという。

 長男は同社の部長で、子会社の役員も兼務している。このため総務省が忖度(そんたく)したのではないか。だとすれば問題は、利害関係者からの接待を規制する国家公務員倫理規程違反の話にとどまらない。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文926文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集