安城市図書情報館、来館100万人超 会話や飲食、ご自由に 並べ方など随所に工夫 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安城市図書情報館の館内=愛知県安城市で
安城市図書情報館の館内=愛知県安城市で

 開館から3年連続で来館者100万人超、同規模自治体では全国一の年間個人貸出数計200万冊――。活字離れと言われる中、安城市の市立図書館が驚異的な実績を上げている。並べ方や利用方法を工夫して本を手に取りやすくした上、飲食や会話も自由というユニークな取り組みが奏功した。

 JR東海道線安城駅から徒歩約5分。「安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ」に安城市図書情報館はある。2017年のアンフォーレのオープンと同時に移転、開館した。2~4階が図書館、1階と地下1階は交流多目的スペースで、人の出入りが絶えない。

 市アンフォーレ課の市川祐子司書は「公立図書館は、人が生活する上で、得たいと思った情報を得られる場所。本だけでなく人も情報の一部だ」と集客力のある立地のメリットを話す。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文933文字)

あわせて読みたい

注目の特集