県21年度当初予算案 但馬県民局分 「芸術の郷」事業に1392万円 豊岡で地域創生シンポ /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県が16日発表した県予算のうち但馬県民局関連では、4月に開学する県立芸術文化観光専門職大学(豊岡市)の関連行事が注目される。2020年の豊岡演劇祭開催と江原河畔劇場(同市日高町)完成を好機と捉え、音楽や美術、伝統芸能も含めた「但馬まるごと芸術の郷」事業(1392万円)を推進する。主な施策は大学と連携して8月ごろに同市内で開くシンポジウム「芸術文化を活(い)かした但馬の地域創生」や、大学関係者と芸術文化団体が交流する「但馬芸術文化交流のつどい」などがある。

 また、「コウノトリ育む農法拡大総合対策」(1303万円)は、コシヒカリより収穫量が約2割多い品種「つきあかり」の栽培実証を行う。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集