連載

K原さんちの里山探検

鳥取県南部町で暮らす自然観察指導員の桐原真希さん一家。山陰の生きものたちと里山の暮らしをご紹介します。

連載一覧

K原さんちの里山探検

/45 キクメハシリグモ 水辺の巨大ハンター /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年1月26日の観察会で見つかったキクメハシリグモ。これでもまだ小さい亜成体=桐原真希さん撮影
2019年1月26日の観察会で見つかったキクメハシリグモ。これでもまだ小さい亜成体=桐原真希さん撮影

 クモが嫌いな方には、ごめんなさい。

 2014年2月28日のことでした。ガイドウオークで近所の中学校のグラウンドにお邪魔しました。事前に校長先生へお声かけしてご許可をいただき、水路の生き物探しをするコースで立ち寄った所です。アカハライモリやトンボ科のヤゴなどいろいろな生き物が見つかりました。そんな中、参加者のお一人のSさんが「桐原さん、このクモは?」と捕まえて手の中を見せてくれました。

 私が知っている顔なじみのクモとは全然雰囲気が違います。大きな体に頭胸部には見事な放射状の模様。こんな特徴的なクモなら、家の図鑑ですぐ分かるだろうと写真を撮って発見場所に逃しました。しかし、正体は分かりませんでした。そして後日、イベント報告のブログを記事にして「お名前不明」で紹介したところ、大変なことが起こったのです。

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1273文字)

あわせて読みたい

注目の特集