特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ワクチン先行接種4万人 医療従事者対象、きょう開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチンを確認する医療従事者=東京都内の医療機関で2021年2月16日午後6時19分(代表撮影)
新型コロナウイルスのワクチンを確認する医療従事者=東京都内の医療機関で2021年2月16日午後6時19分(代表撮影)

 政府は17日から、医療従事者を対象とした新型コロナウイルス感染症のワクチンの先行接種を始める。河野太郎行政改革担当相は16日の記者会見で、全国の国立病院機構など100施設で約4万人に接種を始めると表明。このうち約2万人について、接種後28日間にわたり健康状態を記録してもらい、副反応の出現頻度などを分析・公表する。

 14日に国内で初承認された米ファイザー社のワクチンを1人2回打つ。厚生労働省は先行接種の規模を当初「1万~2万人程度」としてきたが、河野氏は意向調査した結果、希望者が多かったことを増加理由に挙げた。第1便で到着したワクチンは6万4350本で「先行接種のために十分な量」だとした。第2便も欧州連合(EU)で15日に輸出が承認され、来週到着する見込みとしたが、数量は明らかにしなかった。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文585文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集