首相長男接待 総務省、4幹部以外も調査 放送番組認定事務担当

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 総務省の原邦彰官房長は16日の衆院総務委員会で、同省幹部4人が放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男から接待を受けたとされる問題で、4人の幹部にとどまらず、同社の放送番組の認定事務を担当していた部局の幹部についても調査対象とする方針を明らかにした。武田良太総務相は衆院本会議で「一日も早く調査を終え、処分を行い、関係法令に基づき公表する。可能な限り迅速に調査を進める」と表明した。同省は4人の幹部も含めて調査を進め、法令などに違反した職員を処分する。

 原氏は調査対象について「4人以外に東北新社関連の放送事業にかかる認定事務等を担当していた情報流通行政局長、担当の大臣官房審議官、衛星・地域放送課長の経験者については、会食の有無について調査したい」と説明した。立憲民主党の桜井周氏への答弁。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文657文字)

あわせて読みたい

注目の特集