コロナワクチン国内開発 菅首相、支援に意欲「重要な危機管理」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相
菅義偉首相

 菅義偉首相は17日の衆院予算委員会で、同日から始まった新型コロナウイルスのワクチン接種について「一日も早く接種できる環境をしっかり作っていくのが政府の責任だ」と述べ、円滑な接種環境の整備に意欲を示した。立憲民主党の長妻昭氏への答弁。

 首相は、ワクチンの効果について「国際的に発症予防、重症化予防の効果が期待されており、感染拡大防止…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集