世界の債務残高、約3京円 リーマン直後上回る 国際金融協会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 世界の主要金融機関でつくる国際金融協会(IIF)は17日、世界全体の債務残高が2020年末に過去最大の281兆5000億ドル(約2京9800兆円)に達したと発表した。19年末比で9・4%増。新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気悪化と各国政府の財政出動が要因で、19年末に320%だった世界債務の国内総生産(GDP)比は355%に急上昇した。

 内訳は先進国が11%増の203兆ドル、新興国が4%増の77兆ドルだった。GDP比の増加幅は前年比35ポイントで、リーマン・ショック直後の09年(15ポイント)を大きく上回った。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集