大分・豊後高田で中1自殺 第三者委がいじめ有無など調査へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大分県
大分県

 大分県豊後高田市立中学1年の女子生徒(13)が2020年11月に自宅で自殺し、市教委がいじめ防止対策推進法や市条例に基づく第三者委員会を設置していじめの有無や自殺との因果関係などを調査することが、市教委への取材で判明した。委員は5人で19日に初会合を開く。

 市教委によると、女子生徒は20年11月24日に自宅で自殺。学校は翌日、全校生徒と保護者に女子生徒が亡くなったことを伝えた。その後、遺族側から「いじめの疑いがある」との申し出があり、市教委はいじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」に当たる疑いがある…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集