ヤングケアラー支援で神戸市が専門部署 相談・情報窓口4月新設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤングケアラー支援の流れ
ヤングケアラー支援の流れ

 通学や仕事をしながら家族の介護や世話をし、「ヤングケアラー」と呼ばれる子供や若者を支援する専門部署を、神戸市が4月に新設する。「社会から見えにくい」とされる中、本人や周囲で気付いた関係者からの相談・情報を受ける窓口をつくり、学校や福祉部局などの関係機関による支援をバックアップする。市によると、ヤングケアラー支援に特化した部署の設置は全国初という。

 神戸市内では2019年10月、元幼稚園教諭の女性(22)が介護する祖母を殺害し、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。女性は要介護4の祖母の介護をほぼ1人で担っており、20年10月に毎日新聞が詳報したことなどを受けて市が同11月から支援策を検討。スクールソーシャルワーカーや当事者らへの聞き取りで、関係機関の連携の難しさや相談窓口の必要性を指摘され、専門部署の新設を決めた。支援の対象は児童福祉…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文772文字)

あわせて読みたい

注目の特集