特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

「赤木ファイル提出は夫の遺志」 森友自殺訴訟で元職員の妻陳述

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁が入る合同庁舎=大阪市北区で2020年11月27日、服部陽撮影
大阪地裁が入る合同庁舎=大阪市北区で2020年11月27日、服部陽撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書を改ざんさせられた末に自殺した財務省近畿財務局の元職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が17日、大阪地裁の法廷で陳述した。雅子さんは、赤木さんが改ざんの経緯を細かく記したとされるファイル(通称・赤木ファイル)の提出を国に命じるよう地裁に求めている。陳述の概要は以下の通り。【伊藤遥】

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文851文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集