特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

橋本聖子五輪相に一本化で調整 検討委、森喜朗氏後任の組織委会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
橋本聖子五輪担当相=東京都千代田区で20年7月、宮本明登撮影
橋本聖子五輪担当相=東京都千代田区で20年7月、宮本明登撮影

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は17日、女性蔑視発言で辞任表明した森喜朗会長(83)の後任について、スピードスケートと自転車で夏冬計7回の五輪に出場した橋本聖子五輪担当相(56)で候補を一本化した。17日午前に東京都内で開催した後任候補を選考する検討委員会の第2回会合で意見をまとめ、橋本氏に意向を確認する。組織委は18日に第3回会合を開く。会長は理事の互選で決まるため、橋本氏が会長になるには、先に評議員会で理事に選任する必要がある。

 検討委の座長はキヤノン会長兼社長最高経営責任者(CEO)で組織委名誉会長の御手洗冨士夫氏(85)。他のメンバーは非公表だが、関係者によると、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)やスポーツ庁長官の室伏広治氏(46)、元体操選手の田中理恵氏(33)ら組織委の理事7人が委員として加わり、男女各4人で構成している。これまで後任候補には山下氏らの名前も挙がっていた。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文817文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集