特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「森さんいなくて好き放題に」混沌の後任選び舞台裏 重いバトン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都内のホテルを出て車に乗り込む日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(中央)=東京都千代田区で2021年2月17日午前11時44分、幾島健太郎撮影
東京都内のホテルを出て車に乗り込む日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(中央)=東京都千代田区で2021年2月17日午前11時44分、幾島健太郎撮影

 女性蔑視発言で辞任する東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任について、候補者検討委員会は五輪担当相の橋本聖子氏(56)に候補を一本化した。新会長を巡っては、関係者間で思惑が交錯し、候補者名が浮かんでは消えた。土壇場での混沌(こんとん)としたトップ交代劇の先には、多くの難題が待つ。【田原和宏、松本晃、飼手勇介、小林悠太】

「絶対的なシナリオを描ける者いない」

 17日午後の衆院予算委員会中、後任候補を巡る情報が駆け巡っていた。組織委の候補者検討委員会が午前中に開いた会合で、候補者を橋本氏に一本化していた。委員室を出た橋本氏は報道陣にもみくちゃにされ、就任打診の有無を問われると「予算委に出ていたので(分かりません)」とだけ述べて足早に引き揚げた。

 森氏が12日に辞任表明し、元日本サッカー協会会長、川淵三郎氏(84)への後継指名も「密室人事」として反発を呼んで白紙となった。以降、関係者の間では複数の候補名が浮上した。

 自民党文教族の重鎮で政官財との太いパイプを持つ森氏が表舞台から去ったことで、権力の一極集中が解けた。次の主導権争いも相まって候補者名が駆け巡り「森さんがいなくなって好き放題になっている」と大会関係者は表現した。

 真っ先に名前が挙がったのが橋本氏だった。夏冬計7回の五輪に出場した実績があり、女性登用は傷ついた日本のイメージを回復させるとして期待された。ただ、大臣規範は公益法人の役員との兼職を禁じており、五輪担当相の退任を迫られるため橋本氏は難色を示したという。

 懸念材料もあった。橋本氏は日本スケート連盟会長だった2014年、フィギュアスケートの男子選手にキスを強要したと週刊誌で報じられた。橋本氏は当時、「強制した事実はない」と釈明しているが、別の国際競技団体幹部は「ハラスメントに厳しい海外では一発アウト。国際オリンピック委員会(IOC)は歓迎しないだろう」と語る。

 また橋本氏の所属する細田派は、森氏の出身派閥だ。橋本氏は五輪担当相として初入閣した19年9月、組織委に森氏を訪問。森氏が報道陣の前で「娘だと思っている」…

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文2659文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集