野鳥から鳥インフル 那須塩原、栃木両市で確認 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は15、16日、那須塩原市と栃木市で見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。いずれも簡易検査の結果で、県は国の農業・食品産業技術総合研究機構で確定検査する。

 15日午前11時ごろ、栃木市内でハヤブサの死骸が見つかり、16日午後1時半ごろに那須塩原市内で死んでい…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集