慰謝料184万円支払いへ 敦賀病院、医療事故で和解合意 /福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
医療事故が起きたことを陳謝する敦賀市立敦賀病院の太田肇病院長(中央)ら=福井県敦賀市三島町1の同病院で、大島秀利撮影
医療事故が起きたことを陳謝する敦賀市立敦賀病院の太田肇病院長(中央)ら=福井県敦賀市三島町1の同病院で、大島秀利撮影

 市立敦賀病院(敦賀市三島町1)は17日、骨折の治療で挿入したインプラントを抜く際、破損した器具のスクリューの一部が当時10代の男性患者の体内に残る医療事故が発生し、訴訟で和解することに合意したと発表した。議会で承認されれば、慰謝料184万円を支払う。

 同病院によると、県外在住の患者は大腿骨(だいたいこつ)の上部を折り、2012年12月に手術を受けた。同病院は1…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集