府指定文化財、新たに3件 福知山・金光寺「絹本著色愛染明王像」など 精華・新殿神社を保全地区に /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福知山市・金光寺の絹本著色愛染明王像=京都府教委提供
福知山市・金光寺の絹本著色愛染明王像=京都府教委提供

 府教委は、福知山市・金光寺の絹本著色愛染明王(けんぽんちゃくしょくあいぜんみょうおう)像(絵画)▽長岡京市・勝龍寺の木造菩薩(ぼさつ)立像▽金比羅山古墳(宇治市)の出土品の3件を新たに府指定文化財に指定し、精華町の新殿神社を文化財環境保全地区に決定した。指定文化財は496件、文化財環境保全地区は69カ所になった。

 金光寺の絹本著色愛染明王像は鎌倉時代(13世紀後半)の制作とされる。彩色や着衣の文様に細い金属で施した「截金(きりかね)」の装飾に丁寧で精緻な細工が見られる。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集