明石市新年度予算案 一般会計、過去最高1195億円 待機児童解消に29億円など /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 明石市は17日、一般会計1195億円の2021年度当初予算案を発表した。新型コロナウイルスの影響で、市税収入が減少する一方で、ワクチン接種などのコロナ対策費で支出が膨らみ20年度比5%増となり、4年連続で予算規模が過去最高になった。19日開会の3月議会に提案する。

 歳入は、市税がリーマン・ショックによる10年度と同様に落ち込むが、国費負担のある市債で賄う。地方交付税も国勢調査人口の増加に伴い約6億円増え、貯金にあたる財…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集