連載

木語

中国取材の経験が豊富な坂東賢治専門編集委員のコラム。

連載一覧

木語

氷河湖の中印部隊撤退=坂東賢治

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <moku-go>

 南極、北極地域に次いで多くの氷河が存在するとされるのがヒマラヤ地方だ。8000メートル超の山々が連なる極限の地の氷河はアジアの主要河川の水源になっている。

 ガンジス川、インダス川、メコン川、揚子江、黄河。氷河からの水が、多くの人口を抱える地域を支える大河に注ぎ込んでいる。

 国境が重なる氷河地帯は領土紛争の舞台でもある。全長70キロのシアチェン氷河はカシミール地方に位置し、インドとパキスタンがたびたび衝突してきた。

 その東部は中国のチベット自治区とインドのラダック地方の国境地帯で、両国軍がにらみ合う。昨年6月には両軍の衝突で1970年代以来といわれる死者が出た。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1008文字)

あわせて読みたい

注目の特集