首相、放送事業関与を否定 長男勤務先から個人献金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 総務省幹部が放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男から接待を受けたとされる問題で、首相は17日の衆院予算委員会で、同社側の放送事業に関する会話を長男としたことはないとし、同社側事業への関与を否定した。この問題に関し、立憲民主党の安住淳国対委員長は同日、国会内で自民党の森山裕国対委員長と会談し、同省の調査結果を22日までに提出するよう求めた。

 首相は同委で、立憲の後藤祐一氏から「長男と東北新社や関連会社が関係する総務省の許認可に関する話を聞いたことはないか」と問われ、「ない」と答弁。「BS、CS放送という言葉も含めてないか」とも問われたが、「そうした話をした記憶は全くない」と答えた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文770文字)

あわせて読みたい

注目の特集