特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

同性愛「アウティング」訴訟 当事者の葛藤に思いを=遠山和宏(東京社会部)

控訴審判決後、記者会見で心境を語る、亡くなった男子学生の父親=東京・霞が関の司法記者クラブで2020年11月25日、吉田航太撮影
控訴審判決後、記者会見で心境を語る、亡くなった男子学生の父親=東京・霞が関の司法記者クラブで2020年11月25日、吉田航太撮影

 本人の同意なく、性的指向を「アウティング」(暴露)された後に転落死した一橋大法科大学院の男子学生(当時25歳)の遺族が起こした訴訟で、東京高裁は2020年11月、アウティングを「許されない行為であることは明らか」とする初の司法判断を示した。画期的だが、この判決だけで社会が大きく変わるわけではない。二度と同じ悲劇を生まないためには、一人一人の意識の変化が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1867文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集