衛星放送事業語る音声 首相長男、総務省幹部接待で 週刊誌報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男が総務省幹部を接待したとされる問題で、会食の際に東北新社側の事業に関する話題が出ていた疑いがあることが17日、明らかになった。「文春オンライン」が17日夕に報じた。総務省幹部は「事業が話題に上った記憶はない」とした国会答弁を重ねており、野党は虚偽答弁にあたるとして追及を強める方針だ。

 文春によると、問題の会話があったのは、長男と子会社社長、総務省の秋本芳徳情報流通行政局長が東京都内の小料理屋で会食した2020年12月10日。文春記者が一般客として店内に入り、近くの席で音声を録音した。インターネット上で公開された会話の音声データでは、首相長男が、子会社の衛星放送「スターチャンネル」を巡り、「BS、BSの。スター(チャンネル)がスロット(を)返して」などと発言。政府がBS放送への…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文754文字)

あわせて読みたい

注目の特集