特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ・緊急事態

「時短」店舗狙い、侵入盗 再宣言後、都内で10件 「大切なお金、つらい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
窓ガラスが割られた被害直後の「焼肉館 銀水」。付近にはガラスを割るのに使ったとみられるコンクリート片が落ちていた=東京都八王子市で2021年2月1日正午(同店提供)
窓ガラスが割られた被害直後の「焼肉館 銀水」。付近にはガラスを割るのに使ったとみられるコンクリート片が落ちていた=東京都八王子市で2021年2月1日正午(同店提供)

 緊急事態宣言が再発令された1月以降、時短営業後に無人になった店舗が侵入盗に遭う被害が東京都内で今月1日までに10件相次いでいる。赤字でも経営を続ける中での被害に、焼き肉店の店主は「少しの売り上げを稼ぐために毎日必死でやっているのに許せない」と憤っている。

 東京都八王子市滝山町の「焼肉館 銀水」は2月1日朝、被害が判明した。午前8時ごろ、玄関脇の窓ガラスが割れていることに通りかかった人が気付き、警察に通報した。連絡を受けたオーナーの金井徳枝(のりえ)さんが駆けつけると、施錠されていたはずの窓は開き、ガラスを割るのに使ったとみられるコンクリート片が落ちていた。店内にはガラスの破片が飛び散り、1カ月半前に約80万円で新調したばかりのレジが盗まれていた。中には十数万円の現金が入っていた。窓の修理費も合わせると被害額は計約100万円に上るという。

 1月8日に緊急事態宣言が始まったことを受け、銀水は通常は午後11時だった閉店時間を3時間早めており、夜間は無人だった。警視庁八王子署は、店員が店を出た1月31日午後10時ごろから2月1日朝の間に侵入されたとみて捜査している。

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1303文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集