特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン、菅首相はいつ? 「上級国民」批判も不安、世論にらみ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
先行して新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける医療従事者(左)=東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターで2021年2月17日午前9時4分(代表撮影)
先行して新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける医療従事者(左)=東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターで2021年2月17日午前9時4分(代表撮影)

 新型コロナウイルスのワクチン接種が17日、国内でも医療従事者を皮切りに始まった。米国ではバイデン大統領(78)が2020年12月に接種の様子をメディアに公開し、国民に広く接種を呼びかけた。一方、日本では菅義偉首相(72)ら政治家の接種は現時点で様子見だ。連日のように全閣僚出席の衆院予算委員会が開かれる中、閣僚や国会議員の集団感染が起きれば、行政・立法機能が停滞する懸念があるが、特別扱いには世論の厳しい目もある。65歳以上の接種が4月1日以降に始まるのを前に、閣僚や議員の接種方針は定まっておらず、世論にらみとなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1648文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集