連載

こだわりの一品

世界各国・地域には独自の文化がある。駐日大使や公使らは自国のどの「一品」にこだわりを持っているのか。その魅力を紹介する。

連載一覧

こだわりの一品

モンゴル大使が推薦「モリンホール」は国語の教科書でもおなじみ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
モンゴルの民族楽器「モリンホール」を持つバッチジャルガル大使=東京都渋谷区で2021年1月29日午前10時9分、岡崎英遠撮影
モンゴルの民族楽器「モリンホール」を持つバッチジャルガル大使=東京都渋谷区で2021年1月29日午前10時9分、岡崎英遠撮影

 モンゴルの伝統楽器「モリンホール」。モンゴル語で「馬の楽器」を意味する民族楽器で、日本では小学校の国語の教科書にも採用された物語「スーホの白い馬」に登場する「馬頭琴(ばとうきん)」として知られている。さおの先端には馬の頭の形の彫刻が施され、四角い共鳴箱、馬のしっぽの毛で作られる弦と弓から構成される弦楽器だ。ダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日モンゴル大使(54)は「モンゴルの人々にとって馬は特別な存在ですが、モリンホールも人々の暮らしの中で親しまれてきた特別な楽器です」とその魅力を語る。

 モンゴル大使館の応接間に入ると、…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1362文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集