特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

接触確認アプリ「COCOA」不具合、厚労省が修正版配布

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のアンドロイド版の画面=東京都千代田区で2021年2月18日、曽根田和久撮影
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のアンドロイド版の画面=東京都千代田区で2021年2月18日、曽根田和久撮影

 新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォンの接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の一部の利用者に接触通知が届いていなかった問題で、厚生労働省は18日、修正版の配布を始めた。ただ、アプリを再起動しないと正確な通知を受けられない不具合が残る上に、外部から新たな問題を指摘されるなど課題は山積しており、信頼回復への道のりは遠い。

 厚労省によると、①基本ソフト(OS)が米グーグルの「アンドロイド」の場合、昨年9月以降は陽性者と接触しても正確な通知が受け取れない②米アップルのiPhone(アイフォーン)のOS「iOS」の旧型で接触通知を受け取れない③iOSとアンドロイド双方でアプリが勝手に初期化される④接触件数が実際より多く通知される――などの不具合があった。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文815文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集