連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

「LUNA SEA」「X JAPAN」のギタリスト、SUGIZOさん 二つの「緊急事態」に警鐘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ギターを奏でるSUGIZOさん=提供写真
ギターを奏でるSUGIZOさん=提供写真

 ロックバンド「LUNA SEA」「X JAPAN」などで活動するギタリスト・バイオリニストのSUGIZOさんがコロナ禍の世界とこの国を憂えている。「コロナ後の世界」をテーマにしたソロアルバムの発表を機に話を聞くと、政治的、社会的メッセージを次々と繰り出した。

「コロナ後」テーマに新作アルバム/「脱原発」真剣に

 SUGIZOさんの音楽に触れたことのない人には、まずはユーチューブで、2011年4月にリリースした「NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR」の視聴をおすすめしたい。多くの観客が手を振り上げてステップを踏んでいるライブ映像だ。リズムに乗せて思わず体を揺らしたくなる。

 「格好よく美しく『ノーニューク』(原発反対)の精神性を表現したいと思った。作曲する時はいつも、粋でクールでありたいと思っています。スーツをビシッと決めるように」とSUGIZOさん。1月13日にはインスタグラムで昨年のコロナ自粛期間から続ける1時間のトークライブを行い、「WAR IS OVER」と書かれたマグカップを片手に、政府のコロナ対策の遅れを批判していた。

この記事は有料記事です。

残り2739文字(全文3219文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集