特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

目指せ頂点・21センバツ敦賀気比

選手紹介/1 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
投球練習をする竹松明良投手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
投球練習をする竹松明良投手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

 3月19日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)に5年ぶり8回目の出場を決めた敦賀気比。大雪など悪天候の中でも、選手たちは2度目の優勝を目指して日々練習に励んでいる。甲子園にかける思いや人となりを9回にわたり紹介する。【大原翔】

けが癒やし大舞台 竹松明良投手(2年)

 最速139キロだが、打者の手元で伸びる直球とスライダーやカーブ、ツーシームといった多彩な変化球が持ち味。他の部員から「タイミングが取りづらい」と評価される。

 北信越大会の準決勝では、初回に肩を負傷して降板した。決勝までを上加世田頼希投手(1年)らが投げ抜いてくれたことに感謝するが「自分が投げられなかった悔しさもある」。けがは癒えたが、再発防止のためウエートトレーニングに力を入れている。

 同大会での負傷後、実家の母が湿布を送ってくれ、父も「よく冷やしてストレッチしろよ」と連絡をくれた。「甲子園でマウンドに立ち、成長した姿を両親に見せたい」。感謝の気持ちを胸に万全の状態で大舞台を迎える。

チーム一の努力家 長尾朝陽捕手(2年)

練習する長尾朝陽捕手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
練習する長尾朝陽捕手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

 投手陣を支えるチームの要だ。北信越大会の準決勝では初回に主戦の竹松明良投手(2年)が負傷。登板経験が少ない大島正樹主将(同)と初めてバッテリーを組んだ。緊急事態にも積極的に声を出して投手陣を鼓舞した。

 練習後も、寮でワンバウンドの捕球の練習を重ね、試合前にはインターネットの動画などで対戦相手の打者のスイングを分析する。学業でも定期試験で学年上位の成績を収めており、本田克選手(同)は「チーム一の努力家。彼の姿勢にチームメートは刺激を受けている」という。

 秋の公式戦では9番を打った。「打率が高い上位打線に良い形でつなぎたい」と、センバツ開幕まで打撃練習に力を入れる。

あわせて読みたい

注目の特集