相棒オットセイと息合わせ トレーナーデビュー 鳥羽水族館 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽3)で人気のアシカショーに、新人トレーナーとして坂下綾音さん(21)がデビューして10日あまりがたった。時に失敗しながらも「コロナ禍の中、お越しくださったお客様を笑顔にしたい」と張り切っている。

 相棒のミナミアフリカオットセイの「サン」(メス、推定14歳)と出演した18日のアシカショー。会場は新型コロナウイルスの影響で空席が目立ったが、ダンスやキャッチボールなど10種目を披露した。

 ショーの中でも最大の見せ場は、坂下さんが投げた五つの輪を、サンが泳ぎながら首で受け止める輪投げ。2回連続の失敗に親子連れらはハラハラして見守っていたが、3回目にすべてが成功すると客席から割れんばかりの拍手が起きた。ショーの後に坂下さんは「スピード感を重視するあまり、失敗する場面もあった。お客様の温かい拍手に励まされた」と、顔をほころばせた。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文602文字)

あわせて読みたい

注目の特集