’21年度当初予算案

過去最大 府一般会計3兆5085億円 「コロナ対策」と「成長」 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2021年度大阪府一般会計当初予算案
2021年度大阪府一般会計当初予算案

全部局、要求額抑え 重点的に配分

 府が18日発表した総額3兆5085億円(前年度比33%増)の2021年度一般会計当初予算案は、過去最大となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で府税収入が大幅に減少する一方、社会保障経費の増加などで厳しい財政状況が続く。全部局が予算要求額の上限を20年度より一律に5%抑え、コロナ対策や成長戦略に重点的に配分した。【芝村侑美、上野宏人、野口由紀、石川将来】

 記者会見した吉村洋文知事は「『コロナを乗り越え、成長する大阪へ』というテーマを骨格にやっていきたい」と予算編成の狙いを説明した。

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1843文字)

あわせて読みたい

注目の特集