特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪組織委会長に橋本氏 「共生、レガシー作る」 後任担当相は丸川氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京オリンピック・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏=東京都中央区で18日(代表撮影)
東京オリンピック・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏=東京都中央区で18日(代表撮影)

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は18日、東京都内で理事会を開き、女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に、五輪担当相を務めてきた橋本聖子氏(56)を選出した。大臣規範で公益法人の役員との兼職は禁じられており、橋本氏は同日、五輪担当相と男女共同参画担当相を辞任。後任は丸川珠代参院議員(50)が就任した。開幕まで約5カ月と迫った東京大会について、橋本新会長は「コロナ対策が最重要課題。安心・安全だと思ってもらえる体制を整えたい」と述べた。

 森氏の女性蔑視発言に端を発し、東京大会の理念でもある「多様性と調和」が問われた経緯を踏まえ、理事会で橋本氏は「性別、障害の有無、人種、性的指向などにかかわらず、あらゆる人を認め合い、共生できる社会を築いていく。そのレガシーを作りたい」と意欲を見せた。その後の就任記者会見で、橋本氏は国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と電話協議したことを明かし、「バッハ会長は喜んでいた。『アスリ…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2221文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集