特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪開催、迫る決断 組織委新会長・橋本氏 逆風の中、就任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子氏(56)が就任した。18日で五輪開幕まで155日、パラリンピック開幕まで187日と、残された日数は少ない。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で課題は山積しており、新会長にとっては厳しい船出となった。

 前会長の森喜朗氏(83)の女性蔑視発言は、東京五輪・パラリンピックの準備を空転させただけでなく、「多様性と調和」の理念を掲げた大会のイメージを損なった。新型コロナウイルスの収束は見通せず、今夏の開催に懐疑的な見方は根強い。逆風の中でスタートする橋本氏は、どのように難題に取り組んでいくのか。

 ある政府関係者は「通常の大会準備ならほぼ終わっているが、今回の五輪は想像できないことが次々と起きる。政治的な手腕や駆け引き、緊迫した場面での厳しい決断が求められる」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1129文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集