特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

橋本聖子新会長「女性理事4割」へ始動 組織委職員に結束求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピック・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏=東京都中央区で2021年2月18日午後6時12分(代表撮影)
東京オリンピック・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏=東京都中央区で2021年2月18日午後6時12分(代表撮影)

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長(56)は就任から一夜明けた19日、新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれる今夏の大会実現に向けて始動。組織委の女性理事の割合を4割に引き上げることを目標に、森喜朗前会長(83)の女性蔑視発言で傷ついた大会イメージの回復を図る。

 橋本氏は19日午後、東京都中央区の組織委本部で職員に訓示を行い、一連の混乱で遅れる大会準備の巻き返しへ結束を求める。18日の就任記者会見では、月内に男女平等を推進する担当チームを立ち上げ、現在約2割にとどまる女性の割合を4割まで引き上げていく方針を示しており、大会ビジョンの「多様性と調和」を推進する。

 橋本氏が会長就任に伴って退任した五輪担当相に復帰した丸川珠代氏は19日の閣議後の記者会見で「本当に身の引き締まる思い」と改めて抱負を語った。18日夜に東京都の小池百合子知事と電話し、小池氏から「一緒に頑張りましょう」と呼び掛けられたことを明かした。橋本氏については「大きな決断をされた。意欲にあふれられており、全力で支えたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文971文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集