特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

由来不明のコロナ変異株 昨年12月に国内で確認 専門家、警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所戸山庁舎=東京都新宿区で、本橋和夫撮影
国立感染症研究所戸山庁舎=東京都新宿区で、本橋和夫撮影

 感染力の増加や免疫の効果が弱まる可能性がある新型コロナウイルスの変異株について、感染症の専門家たちが警戒感を強めている。国立感染症研究所は19日、英国由来の変異株とは異なり、どの国に由来するか不明の別の変異株が昨年の12月上旬には既に国内で確認されていたことを発表した。政府はゲノム(全遺伝情報)解析を民間検査機関に委託するなど監視体制を強化するが、専門家は「変異株の流行は避けられないだろう」と指摘している。

 田村憲久厚生労働相は19日の記者会見で「国内でもスクリーニングエリア(検査を行う地域)が増えてきて実態が徐々に分かりつつある」と強調した。埼玉や静岡、新潟など約60カ所の地方衛生研究所で英国や南アフリカ由来の変異株を簡便に検出できるPCR検査を活用しており、陽性となった検体の5~10%について変異株のふるい分け検査を実施。変異株の可能性が高い検体を優先的に感染研に送り、ゲノム解析ができるようにな…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1191文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集