特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

主導権は小池百合子知事に 五輪組織委、森喜朗氏の影響力も残存

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
報道陣の取材に応じる小池百合子東京都知事=東京都庁で2021年2月11日午後6時35分、斎川瞳撮影
報道陣の取材に応じる小池百合子東京都知事=東京都庁で2021年2月11日午後6時35分、斎川瞳撮影

 東京オリンピック・パラリンピックは開幕まで5カ月あまりの土壇場でトップが交代した。新型コロナウイルスの感染拡大で開催は危ぶまれており、この先、難しい判断が待ち受ける。組織委員会の森喜朗前会長(83)が女性蔑視発言で表舞台を去る中、一連の騒動で最も存在感を大きくしたのが東京都の小池百合子知事(68)だ。「森さんがいた時はおとなしくしていたが、これからは小池知事が主導権を握る」と大会関係者は口をそろえる。

 開催都市のトップである小池氏だが、表舞台で東京五輪の旗振り役を務めていたのは、2013年9月の招致決定時の首相だった安倍晋三氏(66)とその政治的な師である森氏だった。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1126文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集