特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

大坂なおみが「一番頑張れる」4大大会決勝すべて制した強い思い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全豪オープン準決勝に臨む大坂=2021年2月18日、AP
全豪オープン準決勝に臨む大坂=2021年2月18日、AP

 テニスの4大大会、全豪オープンの女子シングルスで、第3シードの大坂なおみ(日清食品)は20日、第22シードのジェニファー・ブレイディ(米国)との決勝に臨む。4大大会の決勝は2018年全米オープン、19年全豪、20年全米に続いて4回目。過去3回は全て優勝しており、決勝での勝率は100%。そんな大坂の勝負強さを支えるものとは。

 「新型コロナウイルスの(影響が広がる)中でチームで一緒に立ち止まりながら乗り越え、努力してきた。その思いに報いるためにも、いいプレーをしたい」。セリーナ・ウィリアムズ(米国)との準決勝後の記者会見で、大坂は率直に決勝に懸ける思いを語った。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1188文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集