やんばるの森「年輪が見えるペン」 三線の端材を活用 /沖縄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
制作された手作りの木製ボールペン
制作された手作りの木製ボールペン

 【国頭】沖縄県国頭村内で通常の三線の型から、ヤンバルクイナや、やんばる区域の地図をかたどったチラ(天)、カラクイ(範)など個性あふれる三線づくりをしている「工房あしび三線ZEN」の知花善光さん(67)=村辺土名=は、1年ほど前から「木製ボールペン」作りを始め、160本を制作した。ペンは道の駅ゆいゆい国頭で販売されている。

 ボールペンに使用した木の材料は、県材のユシギ、チャーギ、ソーシジュ、アカギ、フクギ、イタジィ、サクラや輸入材のコクタンなどで、三線づくりで余った端材などを大事に保管していた。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文563文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集