那須塩原の野鳥、鳥インフル陽性 県内3例目 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は19日、那須塩原市で見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。県が実施した簡易検査では陰性だったが、その後の遺伝子検査で陽性となった。今後、国の農業・食品産業技術総合研究機構で確定検査する。県内での陽性確認は今年度3例目。

 県によると、陽性反応が出たのは同市内の…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集