特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

社説

総務省幹部の更迭 疑惑の解明はこれからだ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長男の総務省幹部接待報道などについて、記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2021年2月3日午後7時24分、竹内幹撮影 拡大
長男の総務省幹部接待報道などについて、記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2021年2月3日午後7時24分、竹内幹撮影

 放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから総務省幹部が接待を受けた問題で、武田良太総務相は会食に同席した4人の幹部のうち、2人を官房付に異動させる人事を発表した。

 今後、国家公務員倫理審査会の調査を待って、他の幹部とともに懲戒処分も検討するという。

 だが、疑惑の解明はほとんど進んでいない。幹部の更迭で幕引きするわけには到底いかない。

 菅内閣の対応は、この問題でも後手に回っている。一連の報道を受け、あわてているのが実態だ。

 官房付となる秋本芳徳情報流通行政局長は早い段階で接待を受けた事実は認めていた。しかし、東北新社の放送事業が、その場で話題に上ったかどうかは「記憶にない」と国会で答弁していた。

 ところが、きのうになって一転して話題になったことを国会で認めた。

 文春オンラインが昨年12月10日に会食した際の会話を録音したデータを公開したため、ウソを貫き通せないと考えたのだろう。

 データには、首相の長男が「BS」などの言葉を繰り返し使っていた内容が録音されていた。

 「森友・加計」問題や「桜を見る会」の疑惑で、虚偽答弁があれだけ批判されたのを忘れたのか。同様の展開になっている。

 今回の問題の核心は、東北新社側が、首相の長男が同社の社員であるという立場を利用して、BSやCS事業の許可や認定を有利に進めようとしたのではないかという点にある。

 音声データで見逃せないのは、元総務政務官の小林史明・自民党衆院議員について、秋本氏が「どっかで一敗地にまみれないと」と語っていることだ。

 官僚の立場を逸脱した口ぶりに驚く。小林氏は別の会社のBS参入を推していたとされる。BS、CSの許認可をめぐり、総務省は一体どんな判断をしてきたのか。いっそう疑問を抱かせる発言だ。

 問題は利害関係者から接待を受けたという国家公務員倫理規程違反にとどまらない。そこに首相に対するそんたくはなかったのか。行政がゆがめられることはなかったのかが問われている。

 首相は厳正な調査を同省に指示し、疑惑を解明する責任がある。

【菅首相長男接待】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集