特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

岩間陽子・評 『ロヒンギャ危機 「民族浄化」の真相』=中西嘉宏・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『ロヒンギャ危機 「民族浄化」の真相』
『ロヒンギャ危機 「民族浄化」の真相』

 (中公新書・968円)

民主化が暴力を強めた逆説

 アジア・ナショナリズムの時代は二〇世紀に始まる。近代国民国家と無縁であったこの地域をその鋳型にはめ込むには、まず「国家」と「国民」が発見されなければならなかった。本書は、直接的にはロヒンギャ危機を扱った本であるが、「ロヒンギャ」が周辺化されていく過程は、同時にミャンマーが自己と他者の境界線を引き、「私たち」の定義を見出(みいだ)していく過程でもある。おそらくこれは、ほとんどの旧植民地に共通する体験だろう。初めて、地に足のついた脱植民地史を読んだ気がした。しかも東南アジアでは、この過程に日本が深く関わっている。

 第二次世界大戦中、ミャンマーは日本軍の占領下に入った。日本軍の特務機関は、現地のナショナリスト組織「タキン党」のメンバーに海南島の海軍基地で軍事訓練を施し、ビルマ独立軍(BIA)に仕立ててミャンマーに送り返した。その中心人物であったアウンサン(スーチー氏の父親)は、ビルマ独立運動の英雄となった。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1358文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集