特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 医療従事者、ワクチン対象100万人増 高齢者日程、影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 河野太郎行政改革担当相は19日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、医療従事者らへの優先接種用として3月第1~2週に全都道府県に計19万5000本(1本から6回分採取した場合117万回分)を出荷すると発表した。優先接種対象となる医療従事者らは、政府の当初想定より約100万人増えて約470万人に上ると表明。供給のひっ迫などを踏まえ、4月に始める予定の高齢者への優先接種は、当初は人数を絞って行い、段階的に増やしていく考えも明らかにした。

 政府は米ファイザーのワクチンを欧州から輸入しているが、世界的な争奪戦の中、欧州連合(EU)から輸出の承認を得ないと確保できない状況が続く。河野氏は21日に到着予定の第2便で新たに約7万5000本を調達したと説明。当面確保が見込める分について、各都道府県の医療従事者数に応じて配分し、3月第1週から2回に分けて出荷する。医療従事者の優先接種は3月中旬からとしていたが、一部では上旬に始まる見込みだ。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文826文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集