ウーバー運転手は従業員 英最高裁「個人事業主」との主張退け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
英最高裁前で、ウーバーの運転手に従業員としての権利を認める判決が出たことを喜ぶ原告=ロンドンで19日、AP共同
英最高裁前で、ウーバーの運転手に従業員としての権利を認める判決が出たことを喜ぶ原告=ロンドンで19日、AP共同

 英最高裁は19日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのロンドンの元運転手2人が従業員としての権利を認めるよう求めていた裁判で、元運転手側の主張を認める判決を出した。ウーバー側は個人事業主と訴えていた。こうした単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の在り方を巡って議論を呼びそうだ。

 ウーバーは今後、運転手に対し、最低賃金以上の支払いや有給休暇の付与といった待遇改善を迫られ、経営が圧迫される可能性がある。

 元運転手2人は2016年に雇用審判所に訴えを起こし、争いが続いていた。ウーバー側は自身が予約代行を担う技術提供者であるにすぎないと主張。運転手は顧客との間で契約を結んでおり、ウーバーのために働いているのではないとした。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文550文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集