特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オンライン移行「幻滅大学」も 同志社大教授に聞くコロナと大学

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
同志社大の佐藤郁哉教授=本人提供
同志社大の佐藤郁哉教授=本人提供

 新型コロナウイルスの感染拡大は、大学にも大きな影響をもたらした。構内への入構が制限されて講義がオンラインになるなど、学生生活の在り方も変わりつつある。大学の現状や今後の展望などについて「大学改革の迷走」などの著書がある、同志社大の佐藤郁哉教授(社会調査方法論)に聞いた。【聞き手・福富智】

 ――コロナ禍で大学にどのような影響があり、どのような課題が見えたのか。

 ◆それぞれの大学の正体が見えてしまったところがある。講義が対面からオンライン中心に移行する中で、すごく頑張っている所もあれば、「幻滅大学」もある。

 大学関係者の中には「これまで日本の学生は学習時間が足りなかった」などと言う向きもあるが、ナンセンスだ。コロナ禍以前に、単位制度や学生と教員の比率などの改善はなされてこなかった。構造的・制度的なことを変えないで、オンライン授業のポジティブな側面を強調するのは筋が通らない。そもそも、対面授業が可能だった頃に改善努力を怠っていた大学側が「学習時間が不足気味」と言うのは筋違いだし、学生に対して失礼だ。

「出会いや冒険の場でもあるべきだ」

 ――学生たちが置かれた状況について思うことは。

 ◆学生たちは学ぶためだけでなく…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1355文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集