米で訓練中の空自隊員が墜落死 20代2等空尉、着陸進入中

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛省の正門=東京都新宿区市谷本村町で2019年3月、本橋和夫撮影
防衛省の正門=東京都新宿区市谷本村町で2019年3月、本橋和夫撮影

 防衛省は20日、米南部アラバマ州で航空自衛隊の20代の2等空尉と米空軍の教官が乗った練習機が墜落し、2人とも死亡したと発表した。同省は「遺族の意向を確認する必要がある」と、死亡した空尉の氏名を同日時点で公表していない。

 発表によると、練習機はアラバマ州西側のミシシッピ州にあるコロンバス米空軍基地のT38。日本時間20日午前8時ごろ、アラバマ州・モントゴメ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集