ラグビー・福岡堅樹が順天堂大医学部合格 「新たな挑戦の道を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビー元日本代表の福岡堅樹 拡大
ラグビー元日本代表の福岡堅樹

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)で、日本初の8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(28)=パナソニック=が20日、順天堂大医学部に合格したことをツイッターで報告した。「この挑戦は、本当に多くの方々の助けがあって成し遂げられたと思います。この感謝の気持ちを忘れずに、また新たな挑戦の道を歩んでいきたい」とつづった。

 福岡は福岡県出身で、福岡高から筑波大に進学。祖父が医師、父が歯科医で、高校卒業時に医学部を受験して不合格となったが、医師への夢を持ち続けてきた。東京オリンピックを最後に引退すると公言してきたが、五輪の1年延期で日本代表からの引退を表明。医学部進学への準備を進めてきた。

 福岡はこの日開幕したラグビー・トップリーグのリコー戦に先発出場。トライを挙げるなど勝利にも貢献した。【黒川優】

あわせて読みたい

注目の特集