元ヤクルトの安田猛さん死去 73歳 ペンギン投法で日本一貢献

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安田猛さん 拡大
安田猛さん

 「ペンギン投法」と呼ばれた独特のフォームで活躍した技巧派左腕で元プロ野球・ヤクルト投手の安田猛(やすだ・たけし)さんが20日、胃がんのため死去した。73歳。葬儀は家族葬で営む。

 福岡県出身。福岡・小倉高、早大から社会人野球の大昭和製紙に進み、1970年の都市対抗野球大会で優勝して最優秀選手賞の橋戸賞を受賞。72年にドラフト6位でヤクルトに入団した。小柄な左の横手投げで、抜群の制球力を武器に1年目に7勝5敗、防御率2.08で新人王と最優秀防御率に輝き、73年には81イニング連続無四死球のプロ野球記録を樹立。巨人の王貞治(当時)らを巧みに抑えた。81年に引退し、ヤクルトのコーチなどを歴任。通算358試合で93勝80敗17セーブ、防御率3.26。

 人気漫画「がんばれ!!タブチくん!!」の主人公のライバル役「ヤスダ投手」のモデルとしても知られる。母校の小倉高でもコーチを務めた。

あわせて読みたい

注目の特集