新型コロナ ワクチン接種 人手不足、大きな課題に 供給量や時期、情報乏しく /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチンの先行接種を受ける医療従事者=北海道釧路市の釧路労災病院で2021年2月19日午後2時51分、本間浩昭撮影
新型コロナウイルスのワクチンの先行接種を受ける医療従事者=北海道釧路市の釧路労災病院で2021年2月19日午後2時51分、本間浩昭撮影

 新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への先行接種が19日、道内でも始まった。各市町村は4月以降の開始を目指し、65歳以上の高齢者に対する優先接種に向けた準備を進める。ワクチン供給の量や時期に関する国からの情報が不足し、具体的な計画作りは遅れ気味で、人手不足をどうやり繰りするかも大きな課題になっている。【源馬のぞみ、高橋由衣、平山公崇、鈴木斉、本多竹志、本間浩昭】

 国は19日、4月に始める予定の高齢者への優先接種を当初は人数を絞り、段階的に増やしていく方針を示したが、ワクチンがいつから、どれくらい供給されるかは依然明らかにされなかった。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1424文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集