幻「オノテツ」缶バッジに 缶マグネットも 尾道・道の駅みつぎ /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
尾道鉄道の車両を描いた缶バッジ(下)と缶マグネット。下は絵はがき=尾道市御調町大田の道の駅クロスロードみつぎで2021年2月20日午後2時34分、渕脇直樹撮影
尾道鉄道の車両を描いた缶バッジ(下)と缶マグネット。下は絵はがき=尾道市御調町大田の道の駅クロスロードみつぎで2021年2月20日午後2時34分、渕脇直樹撮影

 尾道市中心部と御調町を結び「オノテツ」の愛称で親しまれ、1964年に廃線となった尾道鉄道。その歴代車両を描いた缶バッジ(直径4センチ)と缶マグネット(同4・5センチ)が道の駅クロスロードみつぎ(尾道市御調町大田)で販売されている。

 25(大正14)年の開業時の初代車両と昭和20~30年代に走った後…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集