特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医師や看護師らの不足「長年変わらず」 コロナであらわに 千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療従事者への新型コロナウイルスのワクチン接種が行われた千葉労災病院=千葉県市原市で2021年2月17日、宮本翔平撮影
医療従事者への新型コロナウイルスのワクチン接種が行われた千葉労災病院=千葉県市原市で2021年2月17日、宮本翔平撮影

 「平常な日常生活が戻る第一歩になると強く期待している」。千葉労災病院(千葉県市原市)の岡本美孝院長は17日、横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2020年2月に発生した新型コロナウイルスの集団感染の患者を受け入れてからの1年を振り返り、そう語った。この日、同病院では医療従事者に対するワクチンの先行接種が始まった。世界を一変させたウイルスの流行は、県内の医療体制の課題を浮き彫りにした。

 森田健作知事は初当選した09年知事選の政策集に「医療崩壊から千葉県民を守る!」と記した。2選目の13年と3選目の17年の政策集にも「医師・看護師の確保」を盛り込んだ。医師や看護師の不足は全国的な問題だが、県政ではとりわけ大きな課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1273文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集